ハイエースバンにKENWOODフローティングナビMDV-M908HDF取付

ハイエースバンにKENWOODの9インチフローティングナビ(MDV-M908HDF)をつけてみた。

パノラミックビューモニタ車に社外ナビに取り付ける際、動作するのか。

フローティングナビとシフトノブが干渉するのではないか。

などなど、そんな疑問が解消できるように説明したい。

 

アウトライン

1. ハイエースの仕様

まずはじめに我が家のハイエースの紹介を。

6型というのか7型というのかよくわかっていないが、とりあえず2022年式のハイエースになる。

HIACEVAN納車

このクルマ、種類が多すぎて全然理解ができない。

ということで仕様諸元を以下に書いておくので、とりあえずみていただきたい。

ディーラー営業担当曰く、売れ筋グレードと言われたのでそうなのだろう。

 

我が家のハイエース

  • 2022年式
  • S-GL ダークプライムⅡ
  • バンロング
  • スタンダード幅&スタンダードルーフ
  • 5ドア 2/5名
  • GDH201V
  • パノラミックビューモニタ(PVM)
  • デジタルインナーミラー(55,000円のもの)
  • イージークローザー

ディーラーのおすすめは、ダークプライムⅡ、パノラミックビューモニタ、イージークローザー(パワースライドドア)らしく、よくわかってもいないくせにそれで発注してしまった。

ナビは社外ナビを使いたかったのでディーラーオプションナビはつけなかった。

ここでやっかいなのがパノラミックビューモニタ仕様であることだ。

パノラミックビューモニタをつなげようとすると、変換やらなにやらが必要らしい。

そこでみんカラやら価格コムやらをみてみるも、ナビ以外の部品に何を買ったらよいか書かれていない・・・

そりゃ取付メーカーさんの飯のタネだから書くわけがない。

ということでいろいろと調べてみた。

 

2. ナビの仕様と周辺部品

フローティングナビはアルパインのBig X、パイオニアのサイバーナビ、いろいろあったが、安かったのでkenwoodのナビを購入することにした。

また、パノラミックビューモニタを作動させるために必要なものも以下に記載した。

責任は持てないが参考にしていただきたい。

購入した部品

  • ナビ(MDV-M908HDF)
  • ナビ取付キット(UA-Y53D)
  • パノラミックビューモニタ変換(データシステムRCA094T-A)
  • パノラミックビューモニタRCA変換(CA-C100)
  • サービスポート用USB(エーモンUSB接続通信パネル 4970(同等品2311))
  • ステアリングリモコン接続(EJC-0002)
  • ドラレコ(DRV-N530)

購入した部品類。

いろいろと必要なものが多い。

パノラミックビューモニタ、ステアリングスイッチなど、連動させようと思うとやることは多いようだ。

パノラミックビューモニタ接続のための部品類

ケンウッドのフローティングナビ。

他社と比較すると10万円をきっていてお得な感じがする。

大きいとエアコン吹き出し口を塞ぐので、9インチぐらいがちょうどいいように思う。

MDV-M908HDF

ハイエースのパネルを外した際の写真。

暮らしのマーケットで業者にきていただき、ナビ、ドラレコ、設定含めて2万円で取り付けていただいた。

自分であたふたすることを思えば安い。

ハイエースへナビ取付

ナビ取付完成!

エアコンの吹き出し口を塞がず、ちょうどいいサイズ。

正面から見るとナビ画面とシフトノブは干渉しない。

もう少し奥に入れば完璧だが、現状でも問題ない。

3. パノラミックビューモニタへの対応

パノラミックビューモニタはRCAで変換しているため、やはり画像は粗い。

昔のTVを見ているようだ。

純正のものを見たことがある方は「うーん」と思うかもしれないが、見えればいいし、クリソナがついているし、機能としては問題ない。

パノラミックビューモニタ

パノラミックビューモニタの純正のボタン、RCA-094T-Aのボタン、いずれも作動する。

RCA-094T-AのボタンのLEDは緑色なのだが、これがオレンジ色であれば言うことなしだ。

場所は純正のVIEWボタン(パノラミックビューモニタ)と近くにセッティングした。

RCA-094T-Aのボタン(緑色)

4. シフトノブの干渉

ナビとシフトノブは干渉しない。

シフトノブをPポジションで握ると写真のとおり、隙間はほとんどない。

というか気をつけてないと挟まれる。

ここはフローティングナビというかダークプライムⅡのシフトノブというか、仕方ないことなのだろう。

とりあえず我が家ではこのままでいこうと思う。

ハイエースのフローティングナビとシフトノブの干渉

横から見たナビとシフトノブ。

2cmぐらいの隙間がある。

シフトノブとナビとの隙間

 

5. まとめ

キャンプに人気のハイエースにフローティングナビを取り付けてみた。

2022年式ハイエースバンにケンウッドMDV-M908HDFは問題なくつけることができる。

ナビとシフトノブの隙間は2cmぐらいあるので、気をつけていれば手を挟むことはないように思う。

とりあえず我が家のハイエースはこれで終了でいい。

なんせ「つなぎのクルマ」だからだ。

ランドクルーザープラドは5年落ちとなると急にリセールが悪くなる。

次のクルマがくるのが未定、ということでハイエースをつなぎとしてつかっている、という事情があるのだ。

ただ、トラックのようなクルマだけどハイエースもいいクルマだ。

もうしばらくハイエースライフを楽しんでみたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です