初張りオーナーロッジタイプ52R T/C in うるぎ星の森オートキャンプ場

「貧しさとはもっと欲しがること」とはまさに言い得て妙だ。

ムヒカ大統領のこの言葉に頭をハンマーで叩かれたかのような衝撃を受けた。

つもりだった。

スポーツオーソリティでみたオーナーロッジタイプ52R(画像はアマゾンから)。

T/Cだったら欲しいと思ってたのもつかの間、どうやら世の中に存在することを知った3月のある日(画像はアマゾンから)。

近くのSWENで在庫をきいたらたまたま他店舗に在庫があった。

迷わず買ってしまった。

ムヒカ大統領の言葉に感銘をうけたのは何だったのか。

オーナーロッジタイプ52R T/Cを購入

新型コロナの報道はすでに食傷気味であるが、こうなると新幕を張りたい衝動に駆られる。

うるぎ星の森オートキャンプ場のGW抽選に申し込んでみた。

広場サイトに見事当選!

2泊3日のうきうきキャンプがオガワのオーナーロッジタイプ52R T/Cとともにスタートした。

初張りオーナーロッジタイプ52R T/C

とりあえずキャンプ場でオーナーロッジタイプ52R T/Cをあけてみた。

二度とこんなにきれいに収納されることはない。

二度ときれいに収納できないであろうオーナーロッジ

オーナーロッジにはグランドシートが付属しないのでPVCマルチシートを購入した。

1403という型番みたいなものが300×220cmでジャストサイズとなる。

グランドマットは形状が若干合わないがシュナーベル5のものを流用した。

5/1 1日目

気温3℃、雨ときどきあられ、たまに強風。

コンディションとしてはまぁまぁ悪い。

地面がぬかるみ、満足にペグがきかず、タープはあきらめた。

BBQでもやろうと思ってたがそれもあきらめた。

判断は迅速に、それでいい。

あられが降るのでタープはあきらめる

5/2 2日目

妹夫妻が到着し、極寒のグループキャンプがスタートした。

なんとか3度目でうまくタープを設営できた。

どうでもいいことだがT/Cのテントが欲しい理由はタープがT/Cってだけだったりする。

なんとなく白のテントとタープが合っている、ような気がする。

極寒のうるぎ星の森オートキャンプ場

ごはん作らないの?

子どもからの容赦ない質問に重い腰をあげる。

妹発案のアヒージョ。

アヒージョ

「ばえてるばえてる」とボディビルの掛け声よろしく、バタールを焼く。

特別なおいしさがこのアヒージョにあった。

バタール

子どもたちが作った(?)カレーとアヒージョ。

投げやりな「ばえてるばえてる」という声とともに写真を撮影する。

極寒のなか外で食事を作っていたのは非インスタグラマーの我々だけだったように思う。

ばえてる写真をもとめて

ちなみにばえてる写真撮影中の私(左)と妹(右)。

兄妹というのはこういうものだ。

ばえてる写真を求める者

ファンゴーで炊いたごはんが本当にうまい。

環境指数でおいしさが跳ね上がっていたように思う。

これこそキャンプ。

ファンゴーのごはん

夕食を食べた後は近くの温泉へ。

暖かいを超えて熱いと感じるが心地よい。

温泉からサイトに帰ってきた際、気温は2℃。

長時間露光なんてやってられないので、テキトーな一枚を撮ってテントへ逃げこむ。

夜中の気温は氷点下。

大人2名、子ども3名だとオーナーロッジタイプ52Rは寝るだけになってしまうので、暖房が使えない。

こういうコンディションでは2ルームテントがその能力を発揮するのだろう。

周りがうらやましくて仕方ない。

夜のオーナーロッジタイプ52R T/C

5/3 3日目

晴れた。

太陽がこんなにうれしいものとは、39歳でまさか実感するとは思わなかった。

しかし10℃は超えず、標高も高いためかCBガス缶を使ったバーナーでは湯が沸かない。

こういうときにガソリンバーナーは強い。

知らない人にはなぞの所作(ポンピング)が炎のありがたみを増幅させる。

mukaストーブ最高!

mukaストーブの火力

妹の娘が5/3に誕生日なので簡単なお祝いを。

子どもたちはなぜかサンタをつくる。

なぜサンタかは誰もつっこまない、たぶんみんな疲れていたのだと思う。

サンタのケーキ

青空と初張りのオーナーロッジタイプ52R T/CとレクタT/Cと。

よその子どもたちが窓つきテントをみて「おうちみたい」という。

かわいらしいテントだとアラフォーおっさんも思う。

結露はT/Cだからかわからないがほとんどなかった。

そしてほのかに暖かいような気がする。

オーナーロッジタイプ52R T/Cとうるぎ星の森オートキャンプ場

最終日はよかった。

すると全日程でよかったように感じる。

コロナで世界は変わったが、楽しいと思う気持ちはかわらない。

またうるぎ星の森オートキャンプ場で妹家族と訪れたいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。