ロゴスの鋳造ペグを超マニアックに調査

鋳造(ちゅうぞう)ペグなんてものは世の中にないと考えていた。

2018年の記事:ペグは鋳造なのか鍛造なのか

職業がら、鋳造(ちゅうぞう)ときくと心配になる。もし自らでペグを設計する場合、鋳造は避ける。予期しない欠陥が入りやすく、信頼性が低くなりがちだからだ。鋳造だからといってすべてが信頼性が低いわけではない。しかし、生命を守る部品であること、少量生産品であること、これらの理由からまともなエンジニアであれば鋳造は使わない。自称鋳造エンジニアである自身が言っているので間違いない。

間違いない、とか言っている自身の見識の狭さが恥ずかしい。

鋳造ペグは存在する。

ロゴスのペグを以下記事と同じ方法で調べた結果、鋳造かな?という結論に至った。

調査方法:人気の鍛造ペグの製造方法を超マニアックに比較

全体の写真をみると、ソリッドステーク、エリッゼステークなどの鍛造ペグとは形状が異なる。

表現し難いが人工的な形状をしている。

ロゴスのペグの全体2

反対面も同様の意匠を示していた。

ロゴスのペグの全体1

ロゴは裏表にLOGOSの文字が凸文字で記載されていた。

ロゴスのペグのマーク

ここで気になるのが以下の2点だ。

1) 砂型の転写のようなものがみられる。

2) 鍛造ペグにみられた厚いパーティングラインがみられない。

順を追って説明する。

 

以下の写真の赤色で矢指した部分は凸になっている。

工具鋼を使う金型にこんなへこみ(製品は凸)は現れないはずだ。

この現象が生じるのは砂型の方が可能性が高い。

砂型がバーニングで消失したか、砂が落ちたか、どちらかはわからないが、砂型の凹部があると製品に凸が転写される。

バーニング部

また、鍛造ペグに見られた厚いパーティングラインが見られない。

工法は鍛造ではないことが推察される。

ただ、型と型を合わせた跡はみられる。

ペグの先端

ミクロ組織観察なるものをやってみた。

破壊調査になるので少し勇気がいる(660円が・・・)。

ペグの先端を輪切りにして、鏡面に磨き、エッチングをすると金属の模様がみえる。

 

ペグ中心部(矢印)に鋳巣が・・・

冒頭では自身の見識の狭さが〜とか言っていたが、いわんこっちゃない、と正直思った。

ペグに鋳造工法は使ったらダメ、な気がする。

ペグの中心に鋳巣

こちらはエッチング前のミクロ組織。

ところどころに黒い点がみえるが基本的には白い。

エッチング前

ナイタルでエッチング後がこちらのミクロ組織となる。

知識がなく、初めてみるミクロ組織だった。

デンドライトは感じない、フェライト、パーライトのようなものがみられる。

変なグラファイトがみえるし、何これ?というのが正直な感想だった。

エッチング後

拡大してみたのがこちらとなる。

チル(セメンタイト)かな?と思わなくもない。

硬さ測定機(マイクロビッカース)があればある程度わかるがそんなもの家にあるはずもない。

白鋳鉄?

白鋳鉄と言われるものになるのだろうか。

いまの自分ではミクロだけでは判断できない。

おもしろい、ミクロの世界。

 

今回はロゴスのペグを調べてみた。

固定観念(思い込みではない)でモノをいうことをお許し願いたいが、ペグに鋳造はいかがなものかと思う。

事実、鋳巣がある。

また白鋳鉄だった場合、ペグに耐摩耗性や硬さはあるが靭性がない。

欲を言えば、発光分析と硬さ測定がしたい・・・

“ロゴスの鋳造ペグを超マニアックに調査” への3件の返信

  1. 初めまして
    超マニアックですね(笑)

    ペグの設計というキーワードで検索していたら、こちらに辿り着きました
    ソリステとエリステの組織観察の記事も読ませていただきました
    いや〜、凄いです

    ロゴスのこれは、、、張り切って型まで作ったのに、この中途半端な出来が、まさしくロゴスですね(笑)

    いやはや、専門家ならでは素晴らしい記事をありがとうございました

    1. コメントありがとうございます!
      S45Cのペグ!
      実用的には最強ですよね。

      ロゴスさん、漢字を間違えられたのか、良いと思ったのか・・・
      アルミニウムダイカストで作られているペグまで出てきており、まさにペグ戦国時代です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。