N.A.O.明野高原キャンプ場のレビュー

子どもの夏休みにどうしてもキャンプに連れていってやりたくなった。

お盆休みにでもいこうと思ったのだけど混んでるのは嫌だ。

そこで平日月曜日に有休をとり、日曜日、月曜日の1泊2日キャンプを決行した。

場所はN.A.O.明野高原キャンプ場

N.A.O.って一体なんだろう、妙にDA PUMPが頭をよぎる・・・

白鳥ICでおりて途中のスーパーで買い物し、10分ぐらいかけて目的のキャンプ場へ。

高鷲ICの方が近いんだけど途中にお店がない。

N. A. O 明野キャンプ場のセンターハウス

さすがに月曜日が平日とあってサイトは選びたい放題、だけど日曜日の午後は遊んでいる方々が結構いる。

じゃぶんこ池という滑り台が併設されたプールに子どもが集中、そしてお母さん方も集中。

 

2ルームテントに大きめタープの我が家は、一番奥のシングル2つ分のサイトに設営した。

林間サイトに張った小川のタープ

 

至福のひととき。

うまいのかまずいのかわからない、だって普段飲まないんだもん。

メインの川魚のために火を熾す。

明野キャンプ場に乾杯

 

釣り堀は調理、串刺し込みで400円/匹、竿1本300円とリーズナブル。

魚種はニジマスだ。

明野キャンプ場の魚釣り

 

ネリエサでは全然釣れなくて長女がだらける。

見かねた管理人さんが魔法のエサ(いくら)にかえてくれたところ爆釣!

ぜんぜん違う。

本日の釣果

 

シメて〜内臓だして〜とか無理なんで管理人さんにお願いした。

ビビる長女・・・

明野キャンプ場では有料で捌いてくれる

 

そして肝心のニジマスの塩焼きの絵(写真)を撮り忘れ笑

時間があったので燻製をやってみた。

妻にまかせたつもりだったがノー管理でオーバースモーク・・・

結果オーライ、うまい。

オーバースモーク気味

 

花火は手持ちだけだが、小学生低学年と2歳児には十分でしょう。

ちなみに2歳児は一人で持ちたがるファイタータイプ。

明野キャンプ場での花火

 

暗闇と爆ぜる薪を見ながら、火曜日は工事かぁ、と頭に浮かぶようでは休みの取り方が下手だと言わざるを得ない。

焚き火

 

いわゆる高規格キャンプ場で小さな子どもには特におすすめ。

ただ2ルームにタープ張りたいとかいうわがままな人にはちょっと狭い。

 

公式サイト N.A.O.明野高原キャンプ場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。