うるぎ星の森オートキャンプ場のレビュー

南信州に位置するうるぎ星の森オートキャンプ場。

標高1200mに位置するため、平地で40℃超えていたときも最高気温30℃とまさしく避暑地。

標高が100mあがるごとに0.6℃下がることをキャンプでは覚えておくべきだろう。

愛知からだと茶臼山超えてすぐ、といった感じで遠くはないがちょっと道はくねくねする。

 

キャンプ場の名前にもなっているとおり、ここの最大の売りは夜空だと思う。

新月であれば驚くほどの星が眼前にひろがる。

うるぎ星の森での星空

左下に天の川がみえる。

36歳にして初めて肉眼で天の川をみた。

透過型電子顕微鏡でディフラクションパターン(電子回折図形)を初めて見たときと同じ感動を覚えた。

たぶん病気なんだと思う。

うるぎ星の森オートキャンプ場の満天の星

テントの中に豆電球ほどの灯りをつけ、長時間露光で簡単に星空が撮れる。

気合いをいれて星を撮ろうと思ったのに、三脚を忘れてドリフト気味・・・

テントと星空

子ども向けの大型遊具が揃っているが、やはりメインは星の森。

大人も十分楽しめる。

また訪れたいと思わせるロケーションをもつ良いキャンプ場だった。

 

公式サイト うるぎ星の森オートキャンプ場

“うるぎ星の森オートキャンプ場のレビュー” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。