ふたご座流星群 in 蒲郡さがらの森

スイッチひとつで灯りがともる。

テントひとつ、身ひとつでキャンプをするとそれがすごいことに気づく。

人類の大発明も慣れてしまえばあたりまえのものになってしまう。

慣れとはおそろしいものだ。

こうした認識を再確認するのもキャンプの役割のような気がする。

 

 

さて、しぶんぎ座流星群、ペルセウス座流星群、ふたご座流星群を3大流星群と定義するらしい。

今回はふたご座流星群を観察するため、蒲郡にあるさがらの森というキャンプ場に行ってきた。

2018年12月14日、到着は22時、先客1名のひっそりキャンプだ。

このために購入したテンマクデザインのパンダTCを静かに張った。

蒲郡さがらの森とパンダTC

 

 

さがらの森は小さなサイトが山の斜面に階段状に点在する。

街灯はひとつもない。

この日は月明かりがなかったが、街の灯りで足元はわかる程度に明るい。

サイトサイズは4m×4m程度であるため、2ルームはまず張れない。

予約は蒲郡市民体育センター(0533-69-3241)に電話1本でOK。

公式サイト:さがらの森

サイト使用料は無料。

管理していただいている地元の有志の方々に感謝。

蒲郡さがらの森と山際に光る街灯り

 

当初、テントと流れ星が一緒に撮影できないか色々と画策していたが、いわば林間サイトであるため撮影が困難だった。

仕方ないのでひらけている広場に行って星空だけを撮影してみた。

豊橋市と蒲郡市の街の灯りが届いていることに驚いた。

さがらの森は山に囲まれているため、街の灯りは直接みえないのが、夜空を撮るとどうしても山際が光ってしまう。

時間30個程度の大盤振る舞いの流星も、自身のカメラの腕では1枚おさめるのがやっと・・・

瞬く流星はやっぱりきれいだ。

蒲郡さがらの森でみるふたご座流星群

 

冬のキャンプにパンダTC、この組み合わせはスカートがないためNGと言われている。

ただ、ソロ用の狭いテント内にフジカハイペットを入れるとスカートがなくても暖かい。

フジカハイペットは火力調整ができず一定の燃焼を続けるが、スカートがないことでむしろテント内は適温になった。

テント内は狭いので反射板は必須だと思う(フジカハイペットの反射板の詳細はこちら)。

パンダTCとフジカハイペット

 

山を少しくだったところの夜景。

大きくない街だが思ったよりも明るい。

このとき24時。

豊橋、田原方面の夜景

 

流星の撮影ひとつで人々がどれだけエネルギーを消費しているか、またはその恩恵をうけているかよく理解できた。

普段の生活ではそんなことを考えることがない。

例えば200年前、この地でどんな星空がみえていたのか、想像は尽きない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。