三河高原キャンプ村のレビュー

楽しいと感じるのは脳だ。

人間はこの認知する力が他の動物よりも優れているらしい。

環境、できごと、他人、これらの内容を総合的に認識し、楽しい、と感じるようだ。

しかしながら、自身が楽しいと思えることが、他人が楽しいとは限らない。

やっかいなことに認知は人それぞれ異なるためだ。

パーソナリティという部分がこれに該当するのであろうが、流行りのAIがどこまでこれを再現するのか興味深い。

小難しいことをこねくりまわしているが、言いたいのは”キャンプ場のルールを守ろうよ”ということになる。

三河高原キャンプ村のグリーン区

愛知県豊田市にある三河高原キャンプ村に1泊2日にて往訪した。

9月連休とあってサイトは予約でいっぱい、朝電話してなんとかキャンセル待ちに滑りこめた。

到着後、チェックイン時にサイト変更を2度ほどお願いさせていただいた。

グリーン区を案内されたが静かそうなO区に変更させていただいたのだ。

しかし、行ってみると道路沿いでクルマの走行音が嫌だな、ということで結局当初のグリーン区をお願いした。

お願いした、とか言っているが実は妻に代わりに依頼してもらった。

自身のポンコツさ加減と小心者な面が見えて恥ずかしい限りだ。

三河高原キャンプ村の案内図

サイトサイズは5m×12mほどだと思われる。

オープンタープをフルで張るにはちょっと狭い。

隣の奥様からは、自サイトにペグを打ってください、と心遣いをいただいた。

ただ、迷惑をかけるのをよしとしないパーソナリティがこれを許さなかった。

これだから小心者はダメだと思う。

グリーン区に設営したシュナーベル5

晩御飯は燻製、持参したおにぎり、味噌汁と金銭的にも労働的にも節約した。

燻製はサケ(甘口)、からし明太子、ウィンナー、チーズをヒッコリーで燻してみた。

おにぎりの友そしてビールの愛人、燻製は八方美人極まりない。

ただ娘からは「え〜BBQじゃないの〜」と不満たらたらだった。

キャンプ=BBQ(焼肉)と思っているらしいので、隔週で散財できない大人の事情を説明した。

きっと理解してもらえてない。

三河高原キャンプ村で燻製

焚き火とシェラカップ。

焚き火の紅に染まるステンレス製のシェラカップが美しい。

入っていたのは味噌汁だけど。

シェラカップに入った味噌汁と焚き火の灯り

三河高原キャンプ村の消灯時間は22時となっている。

しかし満員御礼のキャンプ場は寝静まらない。

隣の奥様と反対方向の隣からのしゃべり声、スピーカーから発せられる音楽、極めつけは24時まで続くグループキャンプでの笑い声。

「おれが若い時はGLAYからはじまってラルク、SOPHIAかなぁ」

「Hahahahahaha」

何がおもしろいかさっぱり理解できなかったが気持ちはわかる、おそらくアルコールのせいであろう。

グループキャンプで楽しいのは理解できるが、それを聴かされる周りが楽しいとは限らない。

ルールを守ろうよ、と言いたくなったが、子どもたちも寝たし、写真も撮りたいしどうでもよくなった。

三河高原キャンプ村の夜

星空に月は大敵であるが、月を撮影すると思えばこれもまた一興。

月明かりが雲に反射し、独特のモザイク模様を浮かび上がらせる。

写真はおもしろい。

我が家のプラドが写るのは流し、トイレ、そして管理棟の灯りを拾っているからだ。

そして隣の隣のサイトのランタン・・・

月と同じ白色系だったので良しとしよう。

 

キャンプ場の設備、レイアウト、そして管理人さんの対応はいいと思う。

朝はモーモーと牛が散歩し、子どもたちも大喜びだ。

問題は使用者のマナーであって、キャンプ初心者が言うものなんだがひどいと思う。

キャンプ玄人が昨今のキャンプブームを嫌がるのは、こうした事情があるものと推察される。

反面教師で楽しみたいと思う。

 

アクセスは、豊田勘八ICから香嵐渓を通るルートが下道40分程度でよさそうだ。

行きは岡崎の山を抜ける下道を通ってきたが、同乗者からは不評だった。

 

チェックアウト時に管理人さんに挨拶したところ、サイト指定もできるのでまたきてね、と言っていただいた。

こういう何気ない気配りがうれしい。

次は妻推薦のA区を予約したい。

 

公式:三河高原キャンプ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。