令和のスタート&みずがめ座流星群 in うるぎ星の森オートキャンプ場

生活にコストはあってもキャンプにコストはない。

なんてことを言ったら妻に叱られる。

しかし、キャンプそのものを”楽しむ行為”ととらえれば間違いでもないような気がする。

 

平成から令和へ移行されてはじめてのキャンプに行ってきた。

大吟醸令和、妹夫妻とのグループキャンプの幕が切っておとされた。

令和のスタート

 

場所はうるぎ星の森オートキャンプ場、我が家にとっていつもの場所だ。

前回のおうし座流星群に味をしめて、今回はみずがめ座η流星群を狙う。

高規格なキャンプ場なのに周りが暗くて星空撮影にはありがたい。

 

うるぎ星の森の日没直後

 

ただ、流星撮影の結果は天気によって不戦敗・・・

5月7日明け方がベストだが、連休終わっているので撮影できない。

5月6日明け方はベターだったのだが、残念ながら曇り模様。

新しい元号令和のもと星に願いを込めたかったが、相手は自然。

こういうことがあるからキャンプを続けられる。

ちなみに以下の写真は5月5日のうるぎ星の森オートキャンプ場の星空だ。

実は写真には小さな流れ星が写っているのだが、小さすぎてわからない。

うるぎ星の森の星空

 

晩餐会がはじまる。

すでに令和の認識はない。

元号が変わろうが変わらまいが楽しさに違いはない。

我が家は子ども3人、妹夫婦は子ども2人、ともに子どもの年齢が近く、とても楽しそうだ。

自身も従兄弟とのふれあいは楽しかった記憶がある。

グループキャンプに加えファミリーキャンプなのでものが多く、ごみごみしているがこれもキャンプ。

晩餐のはじまり

 

妹「最近さぁ、新入社員の子に「ばえてる」って言われたんだけどわかる?」

私「え?インスタ映えのこと?」

妹「そうそう、コレばえてますねって言われてびっくりしたわ」

私「インスタってさぁ、写真がメインで言葉ないじゃん?自分のスタイルに合わないんだよね。」

妹「長いと読まれないよね、インスタは。雑誌みてる感じ。」

私「でしょ、なんかベクトルが違うんだよな。」

妻「キャンプの写真ばっか撮ってて一緒じゃん。」

さすが妻だ。

タープ下の団欒

 

ということでばえてる写真をがんばって撮影。

ばえてるのかばえてないのかわからないが、たしかにおもしろい。

生ハムonサラダ、よそのキャンプではこんなものを作るのか・・・

自身の燻製がぼやけてみえないが、ボケ具合がばえているようにみえる。

ばえてる写真を求めて

 

ばえてる写真を求めてランタンハンガーに吊るされたベーコン。

妹「超ばえてんじゃん」

さすが年子の妹だ。

兄のことをよくわかっている。

ただ、誰か本当のばえてる写真の定義をアラフォーのおっさんに教えて欲しい。

ちなみに燻製後に風にさらすのはベーコンの所作としてあった方がよい。

青空にベーコン

 

令和を最高のキャンプでスタートできた。

それも妹夫妻の力添えあってのことだろう。

途中から”ばえてる”というキラーワードに踊らされたが、それはそれでおもしろい経験ができたと思える。

みずがめ座η流星群の流星は残念ながらみることは叶わなかったが、そんなすんなりことが進むようではキャンプに来た甲斐がない。

本当は見たかったけど・・・

 

キャンプにコストはない。

金銭的なものではなく、その楽しむ行為、それがまさしくプライスレスなんだと思う良いキャンプだった。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。